ウォーターフロースイッチ ウォーターフローメーター 漏れのない耐久性のあるDN15 出色 送料無料新品 G1 ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します 2修理交換により

ウォーターフロースイッチ、ウォーターフローメーター、漏れのない耐久性のあるDN15 G1 / 2修理交換により、ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します

izumisoubi.com,2修理交換により、ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します,G1,産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器,/,/aphodian324348.html,ウォーターフロースイッチ、ウォーターフローメーター、漏れのない耐久性のあるDN15,926円 ウォーターフロースイッチ ウォーターフローメーター 漏れのない耐久性のあるDN15 出色 G1 ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します 2修理交換により izumisoubi.com,2修理交換により、ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します,G1,産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器,/,/aphodian324348.html,ウォーターフロースイッチ、ウォーターフローメーター、漏れのない耐久性のあるDN15,926円 ウォーターフロースイッチ ウォーターフローメーター 漏れのない耐久性のあるDN15 出色 G1 ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します 2修理交換により 926円 ウォーターフロースイッチ、ウォーターフローメーター、漏れのない耐久性のあるDN15 G1 / 2修理交換により、ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器 926円 ウォーターフロースイッチ、ウォーターフローメーター、漏れのない耐久性のあるDN15 G1 / 2修理交換により、ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器

926円

ウォーターフロースイッチ、ウォーターフローメーター、漏れのない耐久性のあるDN15 G1 / 2修理交換により、ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します









説明:

水流センサーは、主にプラスチックバルブ、水ローターサブアセンブリ、ホールセンサーで構成されています。給湯器の入口に取り付けられ、水流を計測するために使用されます。水がローターサブアセンブリを通過すると、磁気ローターが回転し、回転速度が流れに応じて変化します。ホールセンサーは対応するパルス信号をコントローラーへのフィードバックとして出力し、コントローラーは水の流量を判断して流量を調整します。


機能:

このフローセンサーメーターは、軽量、小型、設置が簡単です。 内部インペラは、非常に耐摩耗性のあるステンレス鋼シャフトを備えています。 シールリングは、上下方向から応力がかかり、漏れのない機械的構造を採用しています。 センサーは高品質のホール効果要素を備えており、接着剤でカプセル化されているため、水が入るのを防ぎます。 高精度、長寿命、安定した性能を備えた優れたセンサーです。


仕様:

動作範囲:1〜30L /分
水圧:≤1.75MPa

パイプねじ:G1 / 2(DN15)
ねじ外径:約。 2cm

出力波形:方形波

サイズ:6.1 * 3.4cm / 2.4 * 1.3in


配線:

赤:IN +

黄色:OUT(信号出力)

黒:GND-


注:
1、激しい衝撃や化学的侵食は禁止されています。
2、禁止投げたり衝突したりします。
3、水流の検出はセンサーの矢印と同じである必要があります。
4、水温は120℃を超えてはなりません。


パッケージに含まれるもの:

1xフローセンサー

ウォーターフロースイッチ、ウォーターフローメーター、漏れのない耐久性のあるDN15 G1 / 2修理交換により、ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します

')

<title>ウォーターフロースイッチ ウォーターフローメーター 漏れのない耐久性のあるDN15 出色 G1 ジャッジのウォーターフロー量に合わせてフローを調整します 2修理交換により " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報